うんコレ小図鑑⑤ A.ディフェクティヴァ – うんコレ

うんコレ小図鑑⑤ A.ディフェクティヴァ

News, コロナイゼーション大図鑑

SNS

 

 

A.ディフェクティバ

A.ディフェクティバ

 

 

 

アビオトロフィア・ディフェクティヴァ

 

通称 NVS
和名 アビオトロフィア・ディフェクティヴァ
学名 Abiotrophia defectiva

発見 1989年 Bouvetら

性質 共生、病原性

 

彼女は1989年にBouvetさんたちによって、NVS(栄養要求性レンサ球菌)から輩出された第一期生メンバーです。NVSは菌の世界でいう所謂アイドル養成所のようなところで、ここから続々と新しい菌たちが輩出されています。

先ほども言ったとおり、彼女はその第一期生で、同期のグラニュリカテラ・アディアセンスさんと一緒にアビオトロフィア属というグループに加入しました。アビオトロフィアとは、「栄養を奪い取る」という意味です。彼女たちのグループは他の菌の作る栄養を奪って成長します。菌の世界もアイドル戦国時代のようです。彼女とアディアセンスさんは他の菌が作るビタミンB6とL-システインを栄養に育つ子たちです。

彼女の「ディフェクティヴァ」という名前は、他の菌に寄り添い、自分ひとりではいられないところから、「deficient=不完全な」という意味を込めて付けられました。彼女、寄り添う相手も選んでるらしくて、表皮ブドウ球菌さんの周りにいたのが目撃されてます。

彼女は人間の口内に住んでいて、主に歯垢からよく見つかります。普段は何もしない彼女も、表皮ブドウ球菌さんと一緒に血中に入ると豹変!感染症心内膜炎(IE)という恐ろしい病気を引き起こします。

アビオトロフィア属はしばらく4人のメンバーでグループ活動をしていましたが、2000年に彼女を除く3人がアビオトロフィア属を抜けて新グループを結成してしまいました。残された彼女は今日も健気にアビオトロフィア属でソロ活動中です。ソロになった理由は…事務所を通して下さい。あ、握手券はCDを買った人だけですよ!

 

 

(参考文献)

https://microbewiki.kenyon.edu/index.php/Abiotrophia_defectiva

http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM200506_08.pdf

http://ijs.sgmjournals.org/content/39/3/290.full.pdf

 

 

キャラクターノート

この子はビタミンB-6が主栄養。アイドルにはビタミンが欠かせないのですね。
大事なビタミン剤をモチーフにしたアクセサリを身につけております。

ディフィクティヴァの歴史(上記参照)は、まるで不遇なアイドルの歴史を見ているようじゃありませんか。
そんな不遇な菌を身にまとう女の子の名は、キタサトちゃん。
名前の由来は…秘密です。有名な医学者でキタサトと言えば。。。

天然育ちのメガネっ子、普段はおさげ髪がトレードマーク。プロデューサーからメガネを外せと言われ続けいるのに外さない、ちょっぴり頑固な一面を見せるキタサトちゃん。みんなも応援してあげて下さいね!

この次に出てくるG.アディアセンスも同様にビタミンB6を栄養素とした菌で、アイドルユニットの一人です。
次回更新を乞うご期待!

 

絵師からヒトコト

キャラデザ:イトコ「メガネっこアイドルはもっと増えて良いと思います。」

イラスト:モル「髪がふわふわになるように頑張りました。。」

 

 

関連記事一覧

日本うんこ学会公式Twitter